ロックバランシング

天城を南に超えループ橋を降りると河津七滝というスポットがある。

河津川上流の渓谷にある大小7つの滝を「踊り子遊歩道」を歩きながら散策できる。

これまで何度か訪れていたが、紅葉を探して再び立ち寄ってみた。

少しだけ歩道を歩いて

(紅葉の盛りは過ぎてしまったな)

と残念に思いながら少しだけ残っている色を頼りにカニ滝に降りてみる。

蟹布袋さんに挨拶して滝壺の方に降りる。

(あれ?何か前と雰囲気が違うぞ)

前回来たのが一月半前だけど、その時には無かった物がある。

(なんだろう、変な物がたくさんある)

なんだか賽の河原みたいでちょっぴり怖い感じもするが、調べてみると「ロックバランシング」という名前で世界中に広まっている新しいアートらしい。

自然に転がっている石をいかにも“アンバランス”に見えるように積み上げて、その造詣を愛でる。

接着剤を一切使わないのに見事な形ができるのが不思議で人気を呼んでいるんだって。

私も少しやってみた。

石をわざとバランス悪い方を下にして立てる
精神を集中し止まる場所を探す…
探す…探す…
あるところでピタリと止まる
そっと手を離す
グラリと揺れる
もう一度バランスする位置を探す
何度も繰り返す
やがてうまく立てれたので上に小石を載せてみる
もう一つ載せてみる
もうひとつ…

やってる時は雑念が消えてます。

しかもコストはゼロ。

これはハマるのもわかる気がする。

皆さんも、ぜひやってみてください。

できた達成感に浸れますし、何より頭の中がすっきりしてとても良い感じです。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。